中絶の基礎知識をつけて、失敗しないクリニック選びをしましょう!

中絶手術には医療費控除ができますか?

中絶手術の手術費用は医療控除の対象になります。

医療費控除とは、自分や家族の為に医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受ける事ができる制度の事です。
もし、1年間(1月~12月)の間にかかった医療費が10万円を超えた場合には、医療費控除により所得税からいくらかの還付金が受けとる事が出来ます。

医療費控除の対象になるもの

・ 納税者が、自分自身または自分と生計を一にする配偶者やその他の親族のために支払った医療費
・ その年の1月1日から12月31日までの間に支払った医療費

医療費控除の受け取り方

確定申告を行います。(確定申告の提出時期は2月16日から3月15日までです)
確定申告は、国税庁のHPから確定申告の用紙をプリントアウトして、それに必要な項目を記入してから郵送で送る事も出来ます。

専業主婦の場合は、夫の医療費控除として確定申告を行うようにします。
病院の領収書は、医療費控除に必要になりますので大事に保管しておくようにしてください。

いくら戻ってくるのか?

医療費控除額の出し方は、
”医療費控除額 = 1年間にかかった医療費 - 医療保険で補填される金額 - 10万円 or 所得金額の5%”
で計算された金額に、所得税率(収入によって異なります)を掛け算した金額が戻ってきます。

【例】
医療費控除額が20万円で所得税率が10%の場合 ⇒ 2万円が戻ってきます。

高額医療費控除とは

医療費控除の他に高額医療費控除というものが有ります。
この高額医療費控除は、1ヶ月の医療費の自己負担額が高額となった場合に、一定の金額(自己負担限度額)を超えた部分が払い戻される制度になります。
ただし、健康保険適用のものが対象になりますので、中絶手術(→例外あり)では使う事が出来ません。


中絶費用を用意出来ない方

中絶費用は、妊娠週が経過するごとに増えていきます。ですので、なるべく早くお金を用意して中絶手術を受ける事が重要になってきます。
たとえば、中絶費用をローンで払ってから返済のお金を用意する方が結果的に、中絶費用を抑えた事になるのです。


院内ローン

院内ローンは、クリニックによって条件やルールが違います。ですので、詳しい内容はクリニックに直接質問する必要があります。

院内ローンが出来るクリニック

たつきクリニック
院内ローンが利用可能なクリニックです。
クレジットカードによる支払いも完備しています。
たつきクリニックってどんな病院?

クレジットカード

中絶手術の費用は10万円からと高額ですので、中絶費用を分割で支払うという選択肢も考えなくてはいけません。
クリニックによっては、1回払いにしか対応していない所もありますので事前に問合わせが必要です。

クレジットカードが使えるクリニック

山手大塚レディスクリニック
完全予約制ですので、直ぐに診察をしてくださいます。
予約制なので、他の患者さんに会う事もなく、だれでも安心して行けるクリニックです。
山手大塚レディスクリニックってどんな病院?
たつきクリニック
院内ローンが利用可能なクリニックです。
クレジットカードによる支払いも完備しています。
たつきクリニックってどんな病院?

お金を借りる前に

キャッシング業者からお金を借りた場合、決められた期日までにお金を返済しなければなりません。
実例を元に、返済にかかる金額などお金を借りた場合のシミュレーションをしてみます。